総合商社で働く一般職OLの激務な日々

大手総合商社で働くOLが、日々のストレスをぼやくもの。商社マンを目指す学生は多いですが、その仕事内容は実際に働いてみないと分かりません。総合商社に入れば、本当に何でもできますし、大きなプロジェクトに携わることができます。しかし、現実には泥臭い仕事が多かったり、激務だったり、変な人がいたり…。私の商社での日々を紹介しながら、総合商社への就職や転職を目指す方にアドバイスや商社の実態(年収、激務、仕事内容)を説明していけたらなと思っています。就活生へのメッセージも随時掲載。質問も受付中です!

スポンサーリンク
プロフィール
ニックネーム:ぼや子 Twitterでも商社関連ニュースをつぶやいています!


にほんブログ村 OL日記ブログへ


2018年度総合商社 新入社員の数(総合職・一般職)

遅くなりましたが、2018年度の新入社員の数です。これは各社HP就職四季報に出ているので、詳しくは各媒体で確認してみて下さい。

三菱商事
スタッフ(総合職)154
ビジネスサポートスタッフ(一般職)17

伊藤忠商事
総合職 128
事務職 10

三井物産
全部で158

住友商事
基幹職 136
事務職 26

丸紅
総合職108
一般職29

何となく、若干採用数が減ったかな?という気がします。時代とともに、IoTも進み、ヒトの仕事は減ってきているのかもしれません…。だからこそ、採用されたら求められることは難しいことばかりです。一般職への要求水準も年々高まっています。
就職活動が始まる前に、取れる資格は取ったほうがいいかもしれません。正直に言えば、資格をたくさん持っているから採用されるわけではないと思いますが、勉強しておけば、それは入社後にも役に立つに違いありません。オススメは簿記3級(できれば2級)、TOEIC、一般職で秘書を目指したいなら秘書検定(学生でも取りやすい資格です。あまり役には立たない気もしますが。)あたりが良いと思います。


2017年度 総合商社決算

早いもので、2018年度がスタートして1か月経ちました。新入社員の皆さんも現場配属されて、慣れてきた頃でしょうか?

さて、もはや最近は決算しか書いてないのですが、ぼや子のブログはまだ生きています。
(誰か見ているのかな…汗 決算発表もインスタでするべきなのだろうか?(笑)インスタ映えな決算発表ってどうすればいいのかな…?)

2017年度の決算は以下の通りです。なんと、三井物産以外はすべて過去最高益の更新でした。

 

2017年度実績

2018年度予算

三菱商事

5,602億円

6,000億円

三井物産

4,185億円

4,400億円

伊藤忠商事

4,003億円

4,500億円

住友商事

3,085億円

3,200億円

丸紅

2,113億円

2,300億円

 
今回の好決算の特徴は、どこでも言われている通り以下の2点かと思います。
・思っていたより資源価格が回復しての棚ぼた(最近、ガソリン代が上がっているように、原油価格などが上昇)
・2年前の資源ショック以来進めてきた資産入れ替えの成果(よく言う「非資源=食品など。わかりやすいところでは、三菱商事がローソンを子会社化したり、伊藤忠商事もファミリーマートを子会社化するような資源と関係ない分野への投資)

働く身としては、資源価格に左右されない会社づくりを進めて欲しいものです。



2017年度 第2四半期決算 総合商社 決算比較

2017年度第2四半期の総合商社の決算が出そろいました。

今回はどこも絶好調
各社とも、「資源に頼らず、非資源で頑張ってますよ~」と言っていますが、結局は資源あっての好調ぶりな気がします。
株を買う投資家の立場に立てば、資源価格に左右される決算ていうのはあまり買いたい株だとは言えないような気がしますが(別にぼや子は投資家ではなく、ただの一般職なのですが)、今年は年末にかけて原油も60ドルまで持ち直すという説もあるので、まだまだ決算数値も株価も上がる余地があるということかと思います。



会社名2017年9月2017年度計画(進捗率)前年同期(増減)
三菱商事2,540億円4,500億円⇒5,000億円(51%)1,798億円(+742億円)
三井物産2,383億円3,200億円⇒4,000億円(60%)1,220億円(+1,163億円)
伊藤忠商事2,425億円4,000億円(61%)2,022億円(+403億円)
住友商事 1,553億円2,300億円⇒2,800億円(55%)658億円(+895億円)
住友商事1,046億円1,700億円(62%)805億円(+241億円)

(連結決算、国際会計基準による「親会社の所有者に帰属する四半期利益」)

ご覧の通り、5社すべて前年同期比で”ものすごい”好転ぶりです。5社合計で3,500億円近い好転。
改めて資源価格の威力を感じます。(加えて、一時より円安にもなっているように思うので、その影響もあるでしょうね~。細かく計算していませんが。)

いずれの会社も資源価格に左右されないように、資源でない分野にも注力すると言っていますが、やめたわけではないので、資源がプラスにもマイナスにも働くということです。

就職活動中の学生さんは、どの商社に入りたいか考えるときに、資源にどの程度左右される体質の会社なのか考えてみても良いかもしれません。
「大企業だから一生安心」という時代でもないので、上表の前年同期比の数字も参考にしてみてください。

スポンサーリンク
就職活動に役立つ本










  • ライブドアブログ