総合商社で働く一般職OLの激務な日々

大手総合商社で働くOLが、日々のストレスをぼやくもの。商社マンを目指す学生は多いですが、その仕事内容は実際に働いてみないと分かりません。総合商社に入れば、本当に何でもできますし、大きなプロジェクトに携わることができます。しかし、現実には泥臭い仕事が多かったり、激務だったり、変な人がいたり…。私の商社での日々を紹介しながら、総合商社への就職や転職を目指す方にアドバイスや商社の実態(年収、激務、仕事内容)を説明していけたらなと思っています。就活生へのメッセージも随時掲載。質問も受付中です!

スポンサーリンク
プロフィール
ニックネーム:ぼや子 Twitterでも商社関連ニュースをつぶやいています!


にほんブログ村 OL日記ブログへ


2016年度 総合商社 新入社員の数 比較

2016年度がスタートしました。
今年の社長メッセージから、新入社員数と、会社の勢いを探ってみました。

新入社員数は、三菱商事が193名と多く、今一番勢いのある伊藤忠商事が152名と意外と少ないです。
また、最近「総合職より一般職の方が倍率が高い」とよく言われますが、伊藤忠商事に限って言えば、一般職が11名しか採用されていないので、かなりの高倍率だったことが予想されます。

☆三菱商事 合計193名☆
総合職 163名
一般職 30名

新社長のメッセージは、いきなり1500億円の損失の話から。若干暗く、勢いに陰りが見えます。。。

☆三井物産 合計187名☆
内訳記載なし。

「当社がこれまでにないほどの危機にある」と、やはり決算の話から。しかし、これから一緒に巻き返そう!という「商社っぽい」雰囲気があるようです。


☆住友商事 154名☆
総合職 127名
一般職 26名
医療従事職 1名

「信用」の重要性を説いたそうです。全文記載なし。

☆伊藤忠商事 合計152名☆
総合職 141名
一般職 11名

総合商社No1になる!!とほぼ言い切っています。No1商社の一期生おめでとう!と言っています。すごい鼻息です(笑)

 ☆丸紅 記載なし☆

人数の記載はないものの、4ページにわたる長い社長メッセージは全文掲載されているので、丸紅を志望する人は読みましょう。しかし、長い・・・!(笑)
「商社マンは夢だ!」と語り、夢を持って仕事に当たれ、と熱い商社マン魂が感じられます。
1日付で、もう一つのビックニュースは、本社移転のお知らせです。現在、丸紅は竹橋にありますが、今年の夏には日本橋に移転するようです。
 

2015年度 総合商社 第3四半期決算 比較


会社名2015年12月期2014年12月期(昨年)2016年度予算比進捗率
伊藤忠商事2,809億円2,314億円3,300億円に対して85.1%
三菱商事2,400億円3,153億円 3,600億円の目標を
3,000億円に下方修正し、80%
三井物産1,344億円2,544億円2,400億円の目標を
1,900億円に下方修正し、71%
丸紅 1,218億円771億円1,800億円に対して68%
住友商事 613億円▲103億円1,800億円の目標を
1,000億円に下方修正し61%
(連結決算、国際会計基準による「親会社の所有者に帰属する四半期利益」)

一目瞭然ですが、伊藤忠商事が相変わらず強いです。
非資源に力を入れていること、懸案の資源案件は早期撤退をしていることが功を奏しているようです。
全利益に対する資源比率はどんどん下がっており、とうとう13%です。

比較的資源比率の高い三菱・三井は資源価格の低迷により、伊藤忠に付いて行けず、後塵を拝しています。
確かに、ここ最近の資源価格の下落はひどいもので、1バレル当たり2年前は100ドル、1年前は50ドル、今は30ドルを下回っています。毎年、価値が半分になっているなんて、、、恐ろしい状況です。
しかし、これがまた100ドルになったら、三菱・三井の決算に多大なる影響を与えるはずです。
逆に、非資源の伊藤忠は、伸び悩むかもしれませんが、資源価格は予想に反してまだまだ低迷を続けており、復活の兆しが見えてきません。

最近めっきり元気がないのが住友商事です。
昨年の減損に端を欲し、それ以来減損のループにはまっています。
今年度の通期目標も1800億円から未定を経て、1000億円となりました。
(ぼや子ごときが言うことではないですが、見通しが甘く、「大丈夫か経営陣?」とちょっと心配です。)

2015年度も残りわずか、最後まで楽しみです!

 

ぼや子の日記、格安スマホに変えてみた!

会社で上司の携帯代の精算をしていて、「高い。でもよく見たら、けっこう通話しているけど、アタシの携帯料金とあまり差がないぞ。」と思ったのがきっかけでした。
ぼや子は、「ほとんど通話をしないのに、けっこう高い料金を毎月ソフトバンクに搾取されているぞ!」 と気づいてしまったのです。
実際、ぼや子が使うメニューと言えば、LINEとメールと検索くらい。これで月々、云千円も払うのはバカバカしい!
丁度、使っていた機種も古くなっていたので、思い切って、格安スマホと呼ばれるMVNO(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)に切り替えました!

まず、amazonでSIMフリースマホを購入。
オススメ機種は、Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laserですね。


3万円を切る機種だけど、スペックはかなり良いです。 写真を撮ってもキレイに撮れるし、SDカードで保存容量も増やせ、通話品質も問題なし。

機種を選んだら、次は、どこのMVNOと契約するか。
料金は、基本的に横並びで3GB 1600円が基本です。(大手キャリアは、1GBで5000円くらいでしょ?おかしいよ!)

自分にあったMVNOと契約することが大事ですが、大手キャリアのような2年縛りはないので、使ってみて合わなければ変えればいい話!
就活生で携帯代金が負担になっている人は多いはず。ぜひ検討してみて下さい!

ぼや子調べ、MVNOまとめ。

 
MVNO界の最大手。何といっても、OCNブランドは心強い。しかし、利用者が多い分、回線が混み気味なのが気がかり。050通話あり。


こちらもプロバイダー大手のBiglobeブランドが魅力。家族割等も充実!専用アプリを使うと通話料が10円/20秒に!


   
今話題のベッキーでお馴染みのマイネオ。契約すると格安通話のLala Callが使える。しかし、まだ音はあまり良くない模様。 

 
とにかく安くて有名。料金プランが豊富なのはいいが、豊富ゆえの複雑さは理解に苦しむところ。
スポンサーリンク
就職活動に役立つ本










  • ライブドアブログ