久しぶりの更新です 
2017年度も始まり、そろそろ新入社員の配属も始まったのではないでしょうか?
年々ジェネレーションギャップが辛くなってきます・・・(笑)

さて、2017年度の各総合商社の新入社員の数を公表している会社だけ集めてみました。ちなみに、就職四季報には出身大学なども記載があるので、より詳しい内容を知りたい人は、就職四季報を見てください。

三菱商事
総合職 159名(女性 37名)
ビジネスサポートスタッフ(一般職) 20名

伊藤忠商事
総合職 142名
事務職 7名 

三井物産
全部で180名

住友商事
基幹職 136名
事務職 21名

(※各社HP、入社式社長メッセージ等から数字を引用。丸紅は見つからず。)

最近はいわゆる一般職志望の女性がものすごく多く、加えてもともと採用数も少ないことから、一般職のほうが狭き門だったりします。
伊藤忠商事の事務職7名なんて、いったい何人から選ばれたのか、ちょっと気になってしまいます。

総じて言えることは、一般職のレベルもかなり上がっており、任される仕事もより高度になってきているということです。だったら、総合職で入社すればいいようにも思いますが、総合商社の総合職=全世界転勤可能性あり、となるので、そうなるとやはり東京勤務などエリアが限られている一般職が人気なのも納得です。
女子大生で、世界どこでも行ける!と思っている人は、一般職にこだわらず、総合職を目指してみるのもありだと、ぼや子オバサンは思います。



スポンサーリンク