早いもので、2018年度がスタートして1か月経ちました。新入社員の皆さんも現場配属されて、慣れてきた頃でしょうか?

さて、もはや最近は決算しか書いてないのですが、ぼや子のブログはまだ生きています。
(誰か見ているのかな…汗 決算発表もインスタでするべきなのだろうか?(笑)インスタ映えな決算発表ってどうすればいいのかな…?)

2017年度の決算は以下の通りです。なんと、三井物産以外はすべて過去最高益の更新でした。

 

2017年度実績

2018年度予算

三菱商事

5,602億円

6,000億円

三井物産

4,185億円

4,400億円

伊藤忠商事

4,003億円

4,500億円

住友商事

3,085億円

3,200億円

丸紅

2,113億円

2,300億円

 
今回の好決算の特徴は、どこでも言われている通り以下の2点かと思います。
・思っていたより資源価格が回復しての棚ぼた(最近、ガソリン代が上がっているように、原油価格などが上昇)
・2年前の資源ショック以来進めてきた資産入れ替えの成果(よく言う「非資源=食品など。わかりやすいところでは、三菱商事がローソンを子会社化したり、伊藤忠商事もファミリーマートを子会社化するような資源と関係ない分野への投資)

働く身としては、資源価格に左右されない会社づくりを進めて欲しいものです。




スポンサーリンク