総合商社で働く一般職OLの激務な日々

大手総合商社で働くOLが、日々のストレスをぼやくもの。商社マンを目指す学生は多いですが、その仕事内容は実際に働いてみないと分かりません。総合商社に入れば、本当に何でもできますし、大きなプロジェクトに携わることができます。しかし、現実には泥臭い仕事が多かったり、激務だったり、変な人がいたり…。私の商社での日々を紹介しながら、総合商社への就職や転職を目指す方にアドバイスや商社の実態(年収、激務、仕事内容)を説明していけたらなと思っています。就活生へのメッセージも随時掲載。質問も受付中です!

スポンサーリンク
プロフィール
ニックネーム:ぼや子 Twitterでも商社関連ニュースをつぶやいています!


にほんブログ村 OL日記ブログへ


2010年03月

年度末

年度末はとにかく忙しい!はっきり言ってくだらない書類をかなり作る。その合間に新入社員が来る準備とか。はぁ。今日もこき使われ、明日もこき使われるんだろう。
でも、明日は金曜日。今週もあと1日頑張ろう!

一般職と総合職の違い③ 教育・研修

一般職の就職懇談会・説明会が始まっているようですが、
リーマンショック以降の景気の後退により(商社に限らず)一般職の採用が激減していると聞きました。

これほど景気に左右される職種もないかもしれないですね。

景気がよければ、いっぱい採用、
悪くなれば何年も不採用なんて会社もあります。

だから、例えば1~5年目の一般職がいるけど、
6~13年目の「中堅」がいないという状況も生まれます。

25歳の一般職の上は55歳とかw
そうなると、社員の教育をどうするかの問題も出てきますよね。

総合職と一般職の違い
このように、総合職は毎年定期的に採用されますが、
一般職は必ずしもそうではありません。

一般職は、年代によって採用人数にバラつきが生じます。
若手の先輩社員に相談というのも難しくなります。

また、総合職であれば、「○年目~○年目までの若手社員向け研修」といったものがありますが、
一般職は人数が少ないので、そういう研修を組むのが難しいです。

総合職は将来の幹部候補生なので、教育の力の入れ方が違います。
当然と言えば当然かもしれませんが。


女女格差

女性総合職が増えてきました。
総合職と一般職。著者は「女女格差」が生じていると主張しています。
なかなか面白い作品でした。

一般職と総合職の違い①(忙しさ)
一般職と総合職の違い②(やりがい、プライベート)
一般職と総合職の違い④(給料)


【関連記事】
商社マンの年収(総合職と一般職)
激務な商社マンの海外出張
総合商社の仕事内容
漫画で就職活動のイメージをつかむ
スポンサーリンク
就職活動に役立つ本










  • ライブドアブログ