総合商社で働く一般職OLの激務な日々

大手総合商社で働くOLが、日々のストレスをぼやくもの。商社マンを目指す学生は多いですが、その仕事内容は実際に働いてみないと分かりません。総合商社に入れば、本当に何でもできますし、大きなプロジェクトに携わることができます。しかし、現実には泥臭い仕事が多かったり、激務だったり、変な人がいたり…。私の商社での日々を紹介しながら、総合商社への就職や転職を目指す方にアドバイスや商社の実態(年収、激務、仕事内容)を説明していけたらなと思っています。就活生へのメッセージも随時掲載。質問も受付中です!

スポンサーリンク
プロフィール
ニックネーム:ぼや子 Twitterでも商社関連ニュースをつぶやいています!


にほんブログ村 OL日記ブログへ


2013年02月

決算書を読もう

総合商社の第三四半期決算が続々発表されました。皆さんはもうご覧になったでしょうか?

決算書(財務諸表)を読んで分析することは、一般職に限らず、商社で働く社員全員にとって必要なスキルです。

就職活動・転職活動をなさっている方は、ぜひ商社の決算書を比較していただきたいと思います。また、決算書には数字だけでなく、事業の状況も書かれているので併せて確認しておきましょう。各社がどの分野に力点を置いているのかが分かります。決算書だけでなく、経営計画も各社比較し、今後どのような舵取りをするかを確認しておきましょう。総合商社といっても、各社同じことをしているのではなく、それぞれ重点分野・重点地域は異なります。「エネルギー分野の仕事がしたくて商社に入ったら、実はほとんど力を入れておらず、社内でも肩身が狭い」「得意の○○語を活かすべく○○国で仕事がしたかったが、実は去年撤退していた」なんてことがないように!

閑話休題。新卒の学生に多いのですが、会社をネームバリューだけで選ぶ人がいます
その人の価値観なのかもしれませんが、財務諸表を読まずに会社を選ぶのはリスクです。 
なぜなら、「ネームバリュー」なんて、時代とともに変わるからです。
入社当時ステータスが高かった会社も、あなたが退職を迎える頃はどうなってるか分かりません。
逆もしかり。今はぱっとしない会社でも、成長性のある会社は将来ネームバリューを手にするわけです。

会社人生は約40年。
40年前の日本で人気の会社はどこか知っていますか?
1973年当時です。具体的な会社名は挙げませんが、当時人気だった会社(業界)も今は経営難で苦しんでいたりします。 

なので、会社のネームバリューだけに捉われず、
「自分が何をしたいか」「この会社は成長を続けられるのか」
という視点で会社をじっくり観察してみてください。 

ここでは簡単に、財務分析のポイントを書きたいと思います。
会社経営で大事な指標は、
「収益性」「安全性」「効率性」「生産性」「成長性」「キャッシュフロー」です。 
会社経営者や投資家は、これらをベースに判断を重ねています(実際にはこれ以外にもたくさんの判断基準はありますが)。 

「収益性」を例に挙げると、
企業の収益性を分析するにあたって使用する指標には、 「資本利益率」や「売上高利益率」があります。
ぼや子は財務諸表を読む時、「売上高利益率」を計算することが多いです。

財務諸表の読み方を知らないと、ついつい売上高に目がいきがちで、
「商社は○○兆円も売り上げていてすごい!!」
となりますが、これは危険です。

会社にとって大事なのは、
「いくら契約したか(=受注高、売上高)」ではなく、「いくら儲けたか(=利益)」
です。

詳しく言うと、
売上高-原価-販売費および一般管理費-営業外収益-特別損益-法人税等=純利益
をどのようにして生み出すかがポイント。
この利益を生むためにはどうすればいいのか考えるのが「経営」です。
企業は投資家から運転資金(=資本金)を集め、売上をあげています。
売上から出た利益を株主に還元するのが、企業の役割のひとつです。

売上高がいくら高くても、利益がマイナス(赤字)であれば、いい会社とは言えません。
たとえ、ネームバリューがあったとしても、です。 
赤字会社に入ることは、とても危険なのです。

赤字会社の経営者は考えます。 
「どのように黒字転換するか」


先程の計算式を見て頂きたいのですが、
当期純利益を出すまでに色々な要素がありますよね。

経営者にもよりますが、以下のような感じで経営改善していきます。

まずは売上高を増やして原価率を抑えるでしょう。
(従業員を増員せずに売上高を伸ばそうとすると、従業員ひとりあたりの負担は増えます) 

キャッシュフローがマイナスとなり、財務状況が悪化すると、
資産売却を始めます。投資有価証券や土地・建物です。
バランスシートの動きを見れば分かります。

そして、販売費および一般管理費です。
会社では、「販管費(ハンカンヒ)」と略して呼びます。
原価部分を除いた、いわゆる「経費節減」の「経費」です。
販売費・広告費・役員報酬・従業員給与・福利厚生費・地代家賃・水道光熱費・交際費・旅費交通費・通信費・減価償却費などです。

販管費を無駄遣いする会社は、決していい会社とは言えません。
しかし、削り過ぎもよくありません。従業員のモチベーションに影響を与えるからです。

一番つらいのが「従業員給与の削減」、すなわち人件費カットです。 
財務諸表を熟読していると、ここらへんの雰囲気が分かってきます。 
「次は人件費カットに手を付けるかも・・・」
ぼや子としては、人件費カットは伝家の宝刀だと思っています。
よっぽどのことがない限りありえませんが、世の中儲かっている会社ばかりではありません。

大学の友人で、一部上場企業のネームバリューのある会社に入社した人がいます。
彼は「初任給○○円!勝ち組!」と内定した時は浮かれていましたが、
 入社直後に経営悪化。数年後、給与カットされました。
でも、これは入社前に財務諸表をちゃんと読んでいれば予測できることでした。 
アベノミクスの渦中に給与が下がるということは考え難いですが、各社の財務状況を今一度確認しておきましょう。

会社を選ぶ基準は人それぞれです。
色々な価値観で働いていいと思います。
でも、 会社を選ぶ際に、財務諸表を見るというのをおすすめします。
財務分析して納得した上で入社するなら、後悔はしないと思うからです。
入社してから財務諸表を見て愕然としても、後の祭りです。 

ご参考までに、ぼや子が財務諸表を読めなかった時代に買っていた本だけご紹介します。 

 
一番やさしい入門 財務諸表の読み方 新会計基準対応 
財務分析の仕方・分析指標について分かりやすく解説してあり、入門者にとっては打ってつけの本です。ぼや子もこの本から始めました。


12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~
会計知識が網羅されています。とても分かりやすい解説でした。

海外駐在員にインスタント味噌汁

海外駐在員から無茶なお願いをされました。

「今度出張でT君がこっちに来るから、インスタント味噌汁を持たせてくれない?できるだけ美味しいのね!」

出張者託送ってやつです。
最近はフリーズドライになった味噌汁もあるようで、業務用インスタント味噌汁を大量に注文しました。

見ていたらぼや子も欲しくなったので、買ってみたのですが・・・確かにおいしい。
最近のフリーズドライ味噌汁はなかなかですね~~~!!!


アマノフーズ なすのおみそ汁

海外駐在の方は、業務用を購入するのがお得ですよ~!

アマノフーズ フリーズドライ 業務用 味噌汁 なす汁

フリーズドライの味噌汁は色々あるみたいです。 
インスタント味噌汁オススメランキング

ローソン社長も元商社マン

「元商社マン」シリーズが続きます。

ローソン社長の新浪剛史氏
先日開かれた産業競争力会議の民間議員として、日本経済再生に向けてご尽力されています。
ご存知の方も多いと思いますが、実は新浪氏も元商社マンです。

慶應義塾大学卒業後に三菱商事に入社。
その後、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。
三菱商事でローソンプロジェクトに携わった後、
2002年にローソンの代表取締役社長に就任しています。

ローソン社長のイメージが強いですが、元は商社マンです。
昨日、ローソンは賃上げを発表しました(年平均3%程度)。
甘利経済再生担当相もこのことについて好感しており、日本経済を明るくするには新浪氏のような行動力・実行力が必要なのだと思います。元商社マンだからこそ、このような攻めの姿勢で経営に取り組むことができるのかもしれませんね。


個を動かす 新浪剛史、ローソン作り直しの10年

商社マンがSoup Stock Tokyoを作る。

みなさん、「Soup Stock Tokyo」ってご存知ですか?
ぼや子も海外に行く時に成田空港で寄ったりしています。

ところで、この「Soup Stock Tokyo」。
実は、三菱商事の商社マンが立ち上げた会社なのです。 
しかも、商社マンが商社を辞めて起業したのではなく、
三菱商事初の社内ベンチャーです。

会社を立ち上げたのは遠山正道さんという商社マン。
慶應義塾大学卒業後、三菱商事に入社し、日本ケンタッキー出向後、
三菱商事初となる社内ベンチャーとして、「Soup Stock Tokyo」を立ち上げたそうです。

総合商社は様々な分野に進出していますが、このように飲食業もしています。
あなたのお気に入りの店が実は商社の仕掛けだったりするかもしれません!

ゼロから何かを作り上げるってわくわくしますよね。
 「Soup Stock Tokyo」を立ち上げた遠山さんもやりがいを感じていたに違いありません。
ぼや子もいつか世の中に新しい価値を提供していきたいです!

遠山氏が三菱商事を辞めずに「Soup Stock Tokyo」を立ち上げた時の苦悩と感動は本になっています。


スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る

興味ある方はぜひ読んでみてください♪

商社に女性役員誕生


伊藤忠商事の来年度の役員人事が発表されて、大手総合商社初の女性執行役員が誕生するそうだ。

「男性執行役員」って言葉はないことからも、まだまだ女性の社会的地位は低いんだなぁと思ったり。
「女性だから」と特別視するのもどうかと思うけど、活躍してほしいですね。

因みに、ぼや子は一般職初の役員を目指します。

今後とも、ご指導・ご鞭撻の程をよろしくお願い申し上げます(´∀`)

第3四半期決算

商社の決算数値が出揃ってきました。

ぱっと見た感じ、三菱、三井、伊藤忠、住友、 丸紅の順のようです。

キーワードは[資源]でしょうかね〜。


商社の飲み会

商社マンは宴会が好きな人が多いです。
周りを見渡しても、大抵の人は週に1回以上飲みに行っています。
(だから、彼らはグルメ通です。)

忘年会ともなると、若手が色々やらなきゃならず、
正直とっても面倒くさいです。

また、飲み会の出費も馬鹿にならないです。

若手の中では飲み会嫌いが増えてきてはいるものの、
おじさま方が退職するまでは商社の飲み会文化はなくならそうです。

商社の宴会について書かれてある本を見つけました。


ハーバード流宴会術

著者は三菱商事に勤めていた方で、「『東京の夜の怪物くん』と呼ばれる宴席を仕切らせたら日本一の先輩社員に師事」していたそうです(笑)
商社マンが皆そうではないと思いますが、概して宴会上手が多いですね。
スポンサーリンク


メッセージ
就職活動に役立つ本












  • ライブドアブログ