総合商社で働く一般職OLの激務な日々

大手総合商社で働くOLが、日々のストレスをぼやくもの。商社マンを目指す学生は多いですが、その仕事内容は実際に働いてみないと分かりません。総合商社に入れば、本当に何でもできますし、大きなプロジェクトに携わることができます。しかし、現実には泥臭い仕事が多かったり、激務だったり、変な人がいたり…。私の商社での日々を紹介しながら、総合商社への就職や転職を目指す方にアドバイスや商社の実態(年収、激務、仕事内容)を説明していけたらなと思っています。就活生へのメッセージも随時掲載。質問も受付中です!

スポンサーリンク
プロフィール
ニックネーム:ぼや子 Twitterでも商社関連ニュースをつぶやいています!


にほんブログ村 OL日記ブログへ


商社

総合商社内定者へのオススメ

あっという間に内定式も終わり、もうすぐ冬ですね。
先日、内定者と話す機会があり「あと半年、何をしたらいいですか?」と質問されましたので、先輩として語らせてもらいます。

まず初めに「大学生活を満喫すること!」です。
これほど自由な時間というのは、もうなかなか手に入れられません。卒論を一生懸命書く・全然違う業界でアルバイトをしてみる・旅行等々、何をしても良いと思いますが、ポイントは「まとまった時間がないとできないことをする」ことだと思います。読書や映画鑑賞は社会人になっても土日でできますが、2週間の海外旅行はできません。なので、自由な時間を思いっきり使うことをオススメします。

とはいっても、社会人になることへの不安もあり、できることなら今から勉強しておきたい、という真面目なあなたには以下のお勉強をオススメします。

簿記:これは商社マンには必須知識ですので、あって損はしません。学生のうちに2級まで取れれば大したものです!
オススメ勉強法は過去問題集を何度も解くことです。私もこれで受かりました(笑)


TOEIC:言わずもがな。英語は必須です。
なかなか2時間の問題を解く気になれない人もこういう小さめの本でコツコツやりましょう。これを片手に海外旅行に行くもよし。(旅行の役に立つというよりかは隙間時間で勉強するため。)



ビジネス法務実務:会社に入ったら色々な「会社法」に触れることになります。知っていて損はない知識です。



学生生活を満喫しつつ、社会人になるための準備も頑張りましょう!

2016年度 第1四半期決算 総合商社 決算比較

毎日暑いですねぇ。
最近は駐在先から夏休みで帰国する商社マンも多く、だいたいの人が「日本暑いねぇ・・・」と疲れ切っています笑
さて、総合商社各社の2016年度第1四半期決算が出そろいましたので、比較してみます。


会社名2016年6月2016年度計画(進捗率)前年同期(増減)
三菱商事1,008億円2,500億円 (40%)750億円 (+258億円)
伊藤忠商事731億円3,500億円 (21%)1,215億円 (▲484億円)
三井物産611億円2,000億円 (31%)969億円 (▲358億円)
丸紅484億円1,300億円 (37%)710億円 (▲226億円)
住友商事227億円1,300億円 (17%)820億円 (▲593億円)
(連結決算、国際会計基準による「親会社の所有者に帰属する四半期利益」)

総合商社の決算は、ここ数年
1位 三菱、 2位 三井、 3位 伊藤忠 という順位でしたが、2015年度に各社資源の損失を計上したため、資源でのマイナスインパクトの少なかった伊藤忠が1位となりました。
今年の計画値でも、三菱、三井はまだまだ資源が回復しないという前提で、各社「控えめ」な数値となっています。
しかし、三菱商事はさっそく飛ばしており、なんと第一四半期で1,000億円を達成しています。
今年は1位になると豪語している伊藤忠商事が、今後どれだけ伸ばせるかが注目ですね。

三菱商事:1,008億円のうち、資源で342億円を稼いでおり、前年同期比で200億円プラス。ただし、一過性の利益の模様。

伊藤忠商事:ほとんど全ての利益が非資源によるもの。機械と食料で100億円超の利益を出している。

丸紅:ガビロンの減益など、全体的に元気がない・・・(笑)

三井と住友は、決算資料が見にくいので、コメントを控えます。決算資料の見易さで勝手にランキングすると
1位 三菱、 2位 伊藤忠、 3位 丸紅 です。
誰が見てもわかりやすい資料って大事ですね~。
 

2015年度 総合商社 第3四半期決算 比較


会社名2015年12月期2014年12月期(昨年)2016年度予算比進捗率
伊藤忠商事2,809億円2,314億円3,300億円に対して85.1%
三菱商事2,400億円3,153億円 3,600億円の目標を
3,000億円に下方修正し、80%
三井物産1,344億円2,544億円2,400億円の目標を
1,900億円に下方修正し、71%
丸紅 1,218億円771億円1,800億円に対して68%
住友商事 613億円▲103億円1,800億円の目標を
1,000億円に下方修正し61%
(連結決算、国際会計基準による「親会社の所有者に帰属する四半期利益」)

一目瞭然ですが、伊藤忠商事が相変わらず強いです。
非資源に力を入れていること、懸案の資源案件は早期撤退をしていることが功を奏しているようです。
全利益に対する資源比率はどんどん下がっており、とうとう13%です。

比較的資源比率の高い三菱・三井は資源価格の低迷により、伊藤忠に付いて行けず、後塵を拝しています。
確かに、ここ最近の資源価格の下落はひどいもので、1バレル当たり2年前は100ドル、1年前は50ドル、今は30ドルを下回っています。毎年、価値が半分になっているなんて、、、恐ろしい状況です。
しかし、これがまた100ドルになったら、三菱・三井の決算に多大なる影響を与えるはずです。
逆に、非資源の伊藤忠は、伸び悩むかもしれませんが、資源価格は予想に反してまだまだ低迷を続けており、復活の兆しが見えてきません。

最近めっきり元気がないのが住友商事です。
昨年の減損に端を欲し、それ以来減損のループにはまっています。
今年度の通期目標も1800億円から未定を経て、1000億円となりました。
(ぼや子ごときが言うことではないですが、見通しが甘く、「大丈夫か経営陣?」とちょっと心配です。)

2015年度も残りわずか、最後まで楽しみです!

 

体育会系学生必見!アスリート就職ナビ2017

学生さんからの質問で割と多いのが
「体育会系でないと、商社に入れないのでしょうか?」というものです。

確かに、体育会系は多いですが、彼らは体育会系だから商社マンになれたわけではありません。
「何かに一生懸命取り組む姿勢」、「諦めない粘り強さ」、「勝ちにこだわり続けられること」等、
商社マンに求められる要素を兼ね備えているからです。

アスリート以外でも、活躍している人はたくさんいます。
諦めずに挑戦してみて下さい!

因みに、アスリート就職ナビがあります。
登録してみて、アスリートの心を学んでみてはいかがでしょうか?
専門商社や大手総合商社のグループ企業なども多数参加するセミナーがあります。

 

「商社マンは今日も踊る」 Kindle版キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



当ブログでも大人気の商社マンは今日も踊る
もはや、商社を目指す学生のバイブル的存在になりつつあると思います。
そんなバイブル本のKindle版が出ます。 就活生の皆さん、ぜひチェックしてみて下さい。



商社マンは今日も踊る[就活生向け版]


商社マンは今日も踊る1: 完全版



商社マンは今日も踊る2: 完全版


商社マンは今日も踊る3: 完全版


商社マンは今日も踊る4: 完全版

【就活】伊藤忠のシェール撤退から考える


シェールガスで商社が軒並み大打撃を食らっている話は周知の事実。
2014年度決算 では、どの会社も資源での減損で利益を引き下げました。

素人目にも「資源は難しい」というのがよく分かりました。

そんな中、「伊藤忠商事、シェール事業から撤退」というニュースがありました。
なかなか潔い決断(?)ですね。

しかし、商社がある事業から撤退するというのは、なかなか大変な事実があります。
人材です。

商社は取扱い商材が「ラーメンからミサイルまで」なんて言われていましたが、
商社マンがみんな「ラーメンとミサイル」を取り扱っているわけではありません。
ラーメン専門の商社マンがいれば、タイヤ専門、鉄鉱石専門、金融専門など、
色々な人がいるわけです。

つまり、入社して以来「シェール専門」だった人がいるわけです。
(しかし、おそらく「シェール」は比較的新しい分野なので、その道一筋の人は若手だけと推測。)
彼らは今後、もしかすると全く異なる部署へ異動するかもしれません。
不遇の月日を過ごすことになるかもしれません。

就活生も面接で「御社で自動車事業をやりたいです!!」等、色々なことを言うと思いますが、
案外あっさりと、その事業から撤退なんてこともあるわけです。

ぼや子の知人にも、思わぬ異動で苦労している人がいました。
就活生は、各社のホームページなどでしっかりと会社研究をしましょう。
(例えば、今伊藤忠の面接で「資源やりたいです!」と言ってもダメなわけですよ。)

一過性の利益が出ている事業は長続きしない可能性があります。

石油価格とシェールガスについては、こちらの記事をご参照↓
石油価格の下落って?商社で働く一般職OLの豆知識。

AKB総選挙も就職活動も、結局は自己PRだと思う件

ブログネタ
芸能ネタソース#02 に参加中!
もはや初夏の風物詩となってきている「AKB総選挙」。

ぼや子はAKBファンではないものの、この選挙が与える社会的・経済的影響は大きいのではないかと思っている。

会社でも「ぼや子ちゃん、今年は誰が優勝すると思う?」と仕事の合間のネタくらいにはなっている。

因みに、ぼや子の周りのおじさんたちは「マリコさま」で時代が止まっていて、「さしこ」はギリギリ分かるものの、「まゆゆ」や「さや姉」には 付いて行けてない模様(笑)

さて、この選挙、結局はいかに上手に自己PRをし、他人から魅力的と思わせるかがカギなわけで、これは就活の面接と一緒だ。

あの子をもっとテレビに出して活躍させたい=この人ともっと話してみたい、次の面接へ!

お気に入りのあの子をセンターにしたい=この人と働いてみたい!


面接という、ほんの一瞬で相手に自分の魅力を最大限に伝えるというのは、なかなか難しいが、
話し方や態度一つでも印象付けることはできるので、どうすれば自分の魅力が最大限伝わるか考えてみてはいかが?

特に、商社の場合、何か商品を売るわけではなく、「人物」で勝負する仕事が多い。
人にいかに自分を魅力的に見せるかは、商社マンにとっては非常に重要な問題なのだ。

 
無敵の面接 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)

運動部じゃないけど、商社に入れますか?

商社の一般職希望の学生さんから
「私は中学から大学まで運動部や運動サークルに所属していた経験がないのですが、大丈夫でしょうか・・・?」
と聞かれました。

もちろん大丈夫です!!(笑)
その学生さんが不安に感じていたことは2点あるようです。

①体力
商社=連日連夜の深夜残業に飲み会、というイメージから不安があったようですが、
それほど毎日残業はありません。(残業時間は管理されているので、月に100時間も残業をしようものなら、人事に怒られます。)
一般職に限らず若手社員の仕事は「言われ事務作業を淡々とPCでこなすこと」が主なので、いつでもフルマラソンを走れます!というような体力は不要です。

強いて言うなら、肩コリ防止のために「正しい姿勢を保つ体力」のみが必要ではないかと思います。

②運動部の上下関係
質問者さんは 文化系の方で「運動部の厳しい上下関係」というものに触れたことがないそうです。
端的に言うとそれにビビッているらしいです。

うまく言えませんが、
会社は20代から60代までの男女がいる場所で、なかには価値観の違う人もいますが、
基本的にはみんな大人です。
中学生の部活の先輩みたいなイジメはありません。
ぼや子も中学時代は部活で先輩にイジメられたりしましたが、会社では常識的な振る舞いをしている限り、イジメられることはありません。
基本的な挨拶や受け答えができれば何ら問題はありません。

運動部じゃない人も、商社にいっぱいいます! 
不安を感じる必要はありません♪ 

但し、これは自戒の念を込めてのメッセージですが、
就職してから、体がなまり、余分なお肉がいっぱい付きました・・・
運動はした方がいいです!!! 

就職活動必携本「就職四季報2016」

早い物で、もうすぐ12月。
そろそろ就職活動の準備を始めなくてはなりません。

さて、色々な就活本がありますが、ぼや子のオススメNo.1就職四季報 2016年版です。

これには、企業の特徴、決算データ、過去に採用した人の大学や男女比などが出ています。

例えばあなたが「文系大学院生」だったとして、この本で希望の会社の「文系大学院生」の採用情報を確認しましょう。
過去3年間、文系大学院生の採用が0だった場合、厳しいな、というのが分かると思います。

また、商社の総合職に女性が何名採用されているか等も分かってきます。

そういうことが分かれば、OB訪問をしてみる等、具体的な対策が立てやすくなると思います。

女性には就職四季報 女子版 2016年版がオススメです。
いくら男女平等と言っても、就職活動市場において、性別は採用の大事なポイントですからね。
女子版を活用して下さい。

最近はKindle版もあるので、Kindle版を購入すれば面接に向かう電車の中でも確認できていいですね。
しかもKindle版の方が安いのでオススメです。
(但し、ちょっと見にくいので、やっぱり紙の方がいいかも、、、と思うぼや子はオバサンなんでしょうか・・・
もちろん、ぼや子は紙世代です・・・)

 

総合商社の2014年度 第1四半期決算 比較

好調だった2013年度を終え、2014年度がスタート。
その第1四半期決算が出揃ったので比較します。
参考までに前年同期比も記載します。

会社名2014年6月期2013年6月期2014年度予算比進捗率
三井物産1,278億円1,330億円3,800億円に対して34%
三菱商事1,101億円 1,324億円4,000億円に対して28%
伊藤忠商事808億円683億円3,000億円に対して27%
丸紅691億円641億円2,200億円に対して31%
住友商事523億円609億円 2,500億円に対して21%
(連結決算、国際会計基準による「親会社の所有者に帰属する四半期利益」)

三井物産:資源の三井ですが、今期好調な理由は機械・インフラ事業がIPP(独立系発電事業)を中心に好調だったことによる。

三菱商事:昨年比223億円減の原因は資源分野の落ち込み。しかし、非資源分野(インフラ、金融、生活産業など)は昨年より増益。

伊藤忠商事:非資源で攻める伊藤忠は、非資源の利益が80%となり、前年同期比で128億円増益 。

丸紅:穀物関連取引(ガビロン)の増加により食料が大幅増益。販売費及び一般管理費で、人件費が166億円増加しているのがちょっと気になる。

住友商事:売上は伸びているのに、販売費の類が大幅に悪化。金属関連ビジネスは好調。

丸紅・住友商事だけではないですが、商社マンは高給取りなので、人件費の増加というのはよくある話。
また、今期は昨年と比べ円安傾向(98円→102円)なので、それだけコストが増えているという現状もあるでしょう。

最近もっぱら絶好調の丸紅なので、合併などあり得ない話ですが、伊藤忠と合併したら1位になれますよねー(伊藤忠と丸紅は同根です)。
スポンサーリンク


メッセージ
就職活動に役立つ本












  • ライブドアブログ